釧路新産業創造研究会が始動しました

2023年6月20日、釧路センチュリーキャッスルホテル(釧路市大川町2-5)にて釧路新産業創造研究会による第1回研究会が開催されました。
釧路新産業創造研究会は、前身となる釧路産業クラスター創造研究会を解散し、前組織メンバーが主体となって今年4月に設立され、会長は宮田 昌利(サンエス企業グループ各社代表取締役)が務めています。
釧路市内の経営者らが中心となって、新たな産業を創出することや次世代の人材育成などに取り組み、これから3年かけて様々な成長分野について研究し、新たなビジネスを生み出すことを目標としています。

 

釧路でのビジネス展開の可能性について学ぶ

第1回目の講演は二部構成となっており、第一部では今後バイオ燃料として注目されている「ユーグレナ」の研究をしている株式会社アドバンスの白井 博隆社長が講演しました。
現在、大阪府立大学の中野 長久名誉教授とともにユーグレナビジネスに取り組んでおり、ユーグレナは二酸化炭素の排出量削減につながるバイオ燃料や、豊かな栄養素をいかした食や健康分野などの事業に活用できることが期待されています。
今後もこの研究会を通して釧路での実証実験などを進めるなど、釧路でのビジネス展開についての可能性を検討していきたいと考えています。

 

次世代のリーダー育成について考える

講演第二部では、アルプス薬品工業株式会社の経営技術主席顧問の小野 光則氏による次世代リーダー育成についてのお話がありました。小野氏は長年アメリカでヘルスケアビジネスに携わってきた実績があり、今後数回にわたりビジネスを進める上で必要な力につけるワークショップをおこなう予定です。グローバルな視点からビジネスや経営に関するアドバイスをいただけることが期待できます。

 

参画メンバーを募集しています

今回の研究会は約40名が参加し、注目度の高さがうかがえます。
釧路が抱える人口減少や経済低迷などの課題は深刻化していくなか、何かを生み出さなくてはという宮田会長の強い思いでこの研究会はスタートしました。
会長とともに同じ思いをもつ参画メンバーを広く募集しています。
お問い合わせは研究会事務局(0154-51-2924)までお願いします。